<Q>香典で葬儀費用が安くなるってどういうこと?

<Q>香典で葬儀費用が安くなるってどういうこと?

葬儀費用を考えるうえで忘れてはいけないのが、参列者からの「香典」です。

 

香典は亡くなった方の供養や遺族の哀しみを慰める一面がありますが、その一方で、遺族の葬儀費用の負担を軽減するための贈与であるともいえます。

 

つまり、香典は葬儀費用をまかなうためのものといっていいでしょう。

 

■一般葬のほうが家族葬、一日葬より葬儀費用が安くなる!?

 

葬儀で実質的に負担する金額は「葬儀にかかった費用」から「香典の額」を差し引いたものです。

 

参列者が多く、いただく香典の額が多ければ、遺族が負担する金額はそのぶんだけ安くなります。

 

そのため、参列者の少ない家族葬、一日葬といった葬儀を執り行うよりも、より参列者の多い一般葬のほうが負担額が少なくなるケースもあるのです。

 

 

たとえば参列者が20名の場合の家族葬と参列者が50名の場合の一般葬を比べてみましょう。

 

家族葬にかかった金額を50万円(葬儀レビ経由の家族葬で最も多い価格帯)、一般葬にかかった金額を60万円(葬儀レビ経由の一般葬で最も多い価格帯)と仮定します。

 

参列者ひとりあたりの香典を5,000円とした場合、遺族の実質的な負担額は下記のとおりとなります。

 

家族葬:50万円ー10万円(5,000円×20名)=40万円

 

一般葬:60万円ー25万円(5,000円×50名)=35万円

 

このシミュレーションだと、一般葬のほうが家族葬より実質負担額が5万円安くなることになります

 

 

■費用感を重視した葬儀選びは、実質的な負担額を考えて

 

このように、家族葬や一日葬のような参列者の人数が少ない葬儀の種類を選んだ場合、香典が少なくなるため、負担する実質的な金額が一般的な葬儀より多くなることもあります。

 

そのため、費用感を重視して葬儀選びをする場合は、実際に葬儀社へ支払う金額はもちろんのこと、参列者からの香典を考慮に入れた実質的な負担額を考慮にいれるようにしましょう。

■【葬儀レビ】全国資料一括請求

 

一番安い葬儀社を知りたい

 

突然で何から手を付けていいかわからない

 

後で追加費用を追加されるのは困る

 

とにかく料金を比較したい

 

お葬式のことで相談できる相手が欲しい

 

 

【葬儀レビ】無料で利用できるサービスです。

 

24時間365日いつでも対応しています。

 

・日本全国にある400を超える葬儀社のなかから最大10社をセレクトして資料・見積りを提示します。

 

葬儀費用に関しても葬儀社選びに関しても、「葬儀レビ」のオペレーターがあなたの疑問・質問に柔軟に答えてくれます。

 

・複数の葬儀社の見積りを比較でき、いかに料金に差があるのか実感していただけます。

 

葬儀社から提示された見積り金額が最終結果ではありません

 

・最初の提示額をたたき台にして、節約できるところをさらに切り詰めていって、納得できる金額まで絞り込んでいくことができます。

 

・「葬儀レビ」と提携している葬儀社はすべて厳格な選考基準に適合した業者なので安心して葬儀を任せることができます。

 

葬儀ローンを利用した分割払いコンビニ後払いクレジットカード払いなど、現金以外の支払い方法に対応した葬儀社を選べます。

 

・一般葬や家族葬だけでなく、フラワー葬や無宗教葬、団体葬など、さまざまな形式の葬儀に対応しています。

 

「葬儀レビ」を利用し、見積りを提示してもらっても、内容に満足できなければ契約する必要はありません

 

・だから、すでに候補に挙がっている地元の葬儀社と比較するために「葬儀レビ」を利用するのもOKです。

 

・比較して、満足できる葬儀社をお選びください。

 

<全国対応>