<Q>そもそも葬儀費用は誰が支払うべきものですか?

<Q>そもそも葬儀費用は誰が支払うべきものですか?

決して高くはない葬儀費用。

 

葬儀が一段落し、いざ葬儀社への支払いになったとき、「あれ、葬儀にかかったお金っていったい誰が出すの……?」

 

葬儀費用は誰が負担するのかについてまとめました。

 

 

一般的には喪主が支払うことが多い

 

葬儀は誰が行うべき(誰が喪主になる)なのでしょうか。

 

また、葬儀費用はいったい誰が負担しなければいけないのでしょうか。

 

実は、法律上では特に規定はありません。

 

ですので、ご家族で話し合って決めたり、その地方の慣習にしたがって決めることになります。

 

実際のところ、葬儀費用は喪主をされた方が支払うことが一般的です。

 

葬儀費用の裁判においても、葬儀にかかる費用はその葬儀を主宰した人が負担するという判例も出ています(平成24年3月29日名古屋高裁の判決による)。

 

 

相続財産の中から支払うという考え方も

 

その一方で相続された財産の中から支払うという考え方もあります。

 

葬儀費用は相続財産の中から支払われるものだという判例もあります(昭和51年11月25日大阪家裁の審判による)。

 

そして葬儀の際に集まった香典は、遺族の負担を軽くすることを目的に、葬儀費用の一部を負担するものと考えられています。

 

つまり葬儀費用は、まず集まった香典で賄ったうえで、その不足分は相続財産の中で支払う。

 

それでも足りない場合は相続分に応じて負担する(相続債務)という考えもあるようです。

 

 

もちろんお互いが合意すれば誰が払ってもよい

 

とはいえ、法律上の規定がないということであれば、さまざまな考え方があるということになります。

 

喪主の方が払ってもかまいませんし、親族の方々の合意がとれれば、他の方が払ったり、それぞれが負担しあうのも何ら問題はありません。

 

まずはご遺族のあいだで納得がいく話し合いをすることが不可欠です。

 

もし葬儀費用を誰が払うかについて、折り合いがつかずトラブルになることがあれば、弁護士に相談するのがよいでしょう。

 

■【葬儀レビ】全国資料一括請求

 

一番安い葬儀社を知りたい

 

突然で何から手を付けていいかわからない

 

後で追加費用を追加されるのは困る

 

とにかく料金を比較したい

 

お葬式のことで相談できる相手が欲しい

 

 

【葬儀レビ】無料で利用できるサービスです。

 

24時間365日いつでも対応しています。

 

・日本全国にある400を超える葬儀社のなかから最大10社をセレクトして資料・見積りを提示します。

 

葬儀費用に関しても葬儀社選びに関しても、「葬儀レビ」のオペレーターがあなたの疑問・質問に柔軟に答えてくれます。

 

・複数の葬儀社の見積りを比較でき、いかに料金に差があるのか実感していただけます。

 

葬儀社から提示された見積り金額が最終結果ではありません

 

・最初の提示額をたたき台にして、節約できるところをさらに切り詰めていって、納得できる金額まで絞り込んでいくことができます。

 

・「葬儀レビ」と提携している葬儀社はすべて厳格な選考基準に適合した業者なので安心して葬儀を任せることができます。

 

葬儀ローンを利用した分割払いコンビニ後払いクレジットカード払いなど、現金以外の支払い方法に対応した葬儀社を選べます。

 

・一般葬や家族葬だけでなく、フラワー葬や無宗教葬、団体葬など、さまざまな形式の葬儀に対応しています。

 

「葬儀レビ」を利用し、見積りを提示してもらっても、内容に満足できなければ契約する必要はありません

 

・だから、すでに候補に挙がっている地元の葬儀社と比較するために「葬儀レビ」を利用するのもOKです。

 

・比較して、満足できる葬儀社をお選びください。

 

<全国対応>