<Q>葬儀費用をめぐるトラブルにはどんなものが?

<Q>葬儀費用をめぐるトラブルにはどんなものが?

葬儀にかかる費用は決して安いものではありません。

 

だからこそ故人やご家族の意に沿わない葬儀を行うのは避けたいもの。

 

このページでは葬儀費用にまつわるトラブルについてまとめました。

 

このようなトラブルが起こる要因やトラブル事例などから、費用に関するトラブルを事前に回避するための方法を学んでいきましょう。

 

 

葬儀の費用トラブルは増加傾向に

 

国民生活センターによると、全国の消費者生活センターに寄せられた「葬儀サービス」に関する相談は年々増える傾向にあり、2015年度はここ5年でもっとも多い、763件を数えたそうです。

<Q>葬儀費用をめぐるトラブルにはどんなものが?


特にその多くは「費用」に関する項目となっています。

<Q>葬儀費用をめぐるトラブルにはどんなものが?

上は2014年度の「葬儀サービス」に関する相談内容の数をまとめたものです。

 

表を見てわかるように、何かしらお金に関する相談が上位を占めていることがわかるでしょう。

 

 

費用のトラブルになりやすい要素

 

それでは費用のトラブルがなぜ起きてしまうのでしょうか。

 

われわれ葬儀レビに寄せられた声をもとに、トラブルを誘発する要因とその解決策をいくつかご紹介します。

 

 

慌てて葬儀プランを選んだので希望する葬儀と違ったものに

 

もしものときは急に訪れます。

 

お亡くなりになられたあとすぐに、故人や家族にとって納得のできる葬儀や、いい葬儀社を選ぶことは、時間的制約や精神的な余裕がない状況では、なかなか難しいことです。

 

病院から紹介された葬儀社のプランをそのまま選んでしまったために、あとになってから想像よりも高く葬儀費用がかかってしまったという声はよく聞きます。

 

もちろん費用だけでなく、葬儀の内容そのものに違和感を覚え、あとになって後悔するケースも多く見られます。

 

このような事態を避けるために、故人や家族が納得できる葬儀のかたちをあらかじめ考えておくことや、信頼できる葬儀社を事前に選んでおくことがよいでしょう。

 

 

見積もりと実際の金額が違う

 

不透明な葬儀費用によるトラブルも多発しています。

 

特に多いのが、葬儀プランや見積もりに書かれている金額が、実際に支払う金額と大きくかけ離れていたというケースです。

 

葬儀社によっては、事前に提示する金額が、葬儀にかかる費用のうち、一部の項目のみを表すことがあるのです。

 

トラブルを避けるためには、まず葬儀費用の仕組みを理解することが重要です。

 

そのうえで、見積もりなどで提示された金額に、どの項目が含まれているのか、含まれていないかをきちんと葬儀社に確認したうえで、最終的にどのくらいの金額がかかるのかを把握する必要があります。

 

ちなみに当サイトでご紹介している葬儀レビ経由でご提示する金額は、追加料金のないすべての費用を含んでいます(総額表示)。

 

そのため、複数の葬儀社による一括見積りをご依頼いただいた場合も、それぞれの見積りをわかりやすく比較することができます。

 

葬儀レビの一括見積りサービスもあわせてご活用ください。

 

■【葬儀レビ】全国資料一括請求

 

一番安い葬儀社を知りたい

 

突然で何から手を付けていいかわからない

 

後で追加費用を追加されるのは困る

 

とにかく料金を比較したい

 

お葬式のことで相談できる相手が欲しい

 

 

【葬儀レビ】無料で利用できるサービスです。

 

24時間365日いつでも対応しています。

 

・日本全国にある400を超える葬儀社のなかから最大10社をセレクトして資料・見積りを提示します。

 

葬儀費用に関しても葬儀社選びに関しても、「葬儀レビ」のオペレーターがあなたの疑問・質問に柔軟に答えてくれます。

 

・複数の葬儀社の見積りを比較でき、いかに料金に差があるのか実感していただけます。

 

葬儀社から提示された見積り金額が最終結果ではありません

 

・最初の提示額をたたき台にして、節約できるところをさらに切り詰めていって、納得できる金額まで絞り込んでいくことができます。

 

・「葬儀レビ」と提携している葬儀社はすべて厳格な選考基準に適合した業者なので安心して葬儀を任せることができます。

 

葬儀ローンを利用した分割払いコンビニ後払いクレジットカード払いなど、現金以外の支払い方法に対応した葬儀社を選べます。

 

・一般葬や家族葬だけでなく、フラワー葬や無宗教葬、団体葬など、さまざまな形式の葬儀に対応しています。

 

「葬儀レビ」を利用し、見積りを提示してもらっても、内容に満足できなければ契約する必要はありません

 

・だから、すでに候補に挙がっている地元の葬儀社と比較するために「葬儀レビ」を利用するのもOKです。

 

・比較して、満足できる葬儀社をお選びください。

 

<全国対応>