<Q>葬儀費用の相場はどのくらい?

<Q>葬儀費用の相場はどのくらい?

<Q>葬儀費用の相場はどのくらい?

2014年の日本消費者協会による調査では、葬儀費用の全国平均は「156.1万円」です。

 

最も費用が高い地域は「関東A」(茨城・栃木・群馬・千葉)の200.5万円でした。

 

最も費用が低い地域は「中国」(鳥取・島根・岡山・広島・山口)の92.6万円となっています。

 

人口が最も多い「関東B」(埼玉・東京・神奈川)は152.7万円でした。

 

そもそも葬儀費用はどんな葬儀の種類を選ぶかによって大きく変わってきます。

 

それから、消費者協会によるこの調査自体、回答数が少ない調査のため、あくまでも参考程度にしてください。

 

 

■葬儀の種類別「平均葬儀費用」(全国平均)

 

<Q>葬儀費用の相場はどのくらい?

どのような葬儀をするかによって平均費用が大きく変わることがわかります。

 

葬儀の種類は、参列者の規模と、お通夜、告別式、火葬のうちどれを行うかによって決まります。

 

葬儀は「行う儀式の内容」と「呼ぶ人数」によって費用感が大きく変わってきます。

 

 

■葬儀費用の内訳

 

<Q>葬儀費用の相場はどのくらい?

葬儀にかかる費用は

 

「施設にかかる費用」
「葬儀の施行にかかる費用」
「参列者のおもてなしの費用」
「宗教者へのお礼、心づけ」

 

の4つの項目の総額です。

 

葬儀会場などへ支払う費用が「施設にかかる費用」、祭壇やお棺などの葬儀の儀式に必要な費用が「葬儀の施行にかかる費用」です。

 

参列者に対する飲食費や返礼品の費用が「参列者のおもてなしの費用」、そして葬儀にお呼びした僧侶へのお布施などが「宗教者へのお礼、心づけ」にあたります。

 

 

■葬儀社による表示の違いに注意

 

ある葬儀社のサイトに掲載されているプランの金額が「葬儀一式:○○円」と表記されていたとします。

 

この金額を見て、○○円を葬儀社に支払いさえすれば、葬儀ができると思うのはとても危険です。

 

なぜなら、葬儀社によっては、上の項目のうち「葬儀の施行にかかる費用」のみを「葬儀一式」の金額とする場合もあるからです。

 

そのため想定していなかった追加金額がかかってしまい、葬儀後にトラブルになることも多く起きています。

 

 

このように葬儀社によって最終的に支払わなければいけない金額ではない場合があるのです。

 

だから事前のお見積りや相談の際に、どの項目が含まれているのか、すべて含んだ金額はどれくらいになるのかを、常に確認することでトラブルを防ぐことができます。

 

決して提示された金額が安いからといって、内訳の確認を怠らないようにしましょう。

 

 

とはいえ、こういうことをひとりで判断するのは難しいとお考えの方もいらっしゃると思います。

 

でもその点は大丈夫です。

 

当サイトでご紹介している葬儀レビ経由で提示される金額は、すべて「施設にかかる費用」「葬儀の施行にかかる費用」「参列者のおもてなしの費用」を含んでいます。
(※)「宗教者へのお礼、心づけ」はお寺さんなどによって金額が異なるので見積りには含まれません。

 

複数の葬儀社による一括見積りをご依頼いただいた場合も、それぞれの見積りをわかりやすく比較することができます。

 

【葬儀レビ】の一括見積比較サービスは安心して利用できると思います(無料)。

 

■【葬儀レビ】全国資料一括請求

 

一番安い葬儀社を知りたい

 

突然で何から手を付けていいかわからない

 

後で追加費用を追加されるのは困る

 

とにかく料金を比較したい

 

お葬式のことで相談できる相手が欲しい

 

 

【葬儀レビ】無料で利用できるサービスです。

 

24時間365日いつでも対応しています。

 

・日本全国にある400を超える葬儀社のなかから最大10社をセレクトして資料・見積りを提示します。

 

葬儀費用に関しても葬儀社選びに関しても、「葬儀レビ」のオペレーターがあなたの疑問・質問に柔軟に答えてくれます。

 

・複数の葬儀社の見積りを比較でき、いかに料金に差があるのか実感していただけます。

 

葬儀社から提示された見積り金額が最終結果ではありません

 

・最初の提示額をたたき台にして、節約できるところをさらに切り詰めていって、納得できる金額まで絞り込んでいくことができます。

 

・「葬儀レビ」と提携している葬儀社はすべて厳格な選考基準に適合した業者なので安心して葬儀を任せることができます。

 

葬儀ローンを利用した分割払いコンビニ後払いクレジットカード払いなど、現金以外の支払い方法に対応した葬儀社を選べます。

 

・一般葬や家族葬だけでなく、フラワー葬や無宗教葬、団体葬など、さまざまな形式の葬儀に対応しています。

 

「葬儀レビ」を利用し、見積りを提示してもらっても、内容に満足できなければ契約する必要はありません

 

・だから、すでに候補に挙がっている地元の葬儀社と比較するために「葬儀レビ」を利用するのもOKです。

 

・比較して、満足できる葬儀社をお選びください。

 

<全国対応>